むら咲むらスタッフブログ|読谷観光の楽しみ方

体験王国&ホテルむら咲むらのこと、そして沖縄県読谷村(よみたんそん)のことを発信していきます。

*

お客様との会話|謝名亭の朝ごはん

      2018/05/17

今朝、謝名亭に朝食を摂りにこられたお客様の、二組の方と食後に話をさせて頂いた。

謝名亭では、お料理のご説明や旅行の目的など様々な会話が綴られて行く。

県内の糸満市からのお客様と謝名亭のマドンナである、キヌさんは島言葉での会話だけど、これがなかなか、糸満の言葉と読谷の言葉が違うために、笑い声が高まるばかりのにぎやかな会話になる。

今朝は、観光のお客様、二組の方と色々と話をさせて頂いた。

女性お二人の方々は、読谷に最近できた「ほっこり美容村」のオーナーご夫妻のお友だちの方々。

話題は、出し巻き卵。沖縄の出し巻きは砂糖を使わない、塩で味付けをする。とのご案内をしたら関西も!とのこと。初めて聞いたので、少々驚き。堺市からのお客様。東京は、砂糖を使う出し巻き卵。食は、話題が尽きない。食後は、ビーチを散策とおっしゃっていた。自然に触れる時間がこの上なく楽しく癒されるとのこと。

もう一組のカップルのお客様は、なんと東京の自宅のご近所さん!学生時代に住んでいた京王相模原線の京王堀の内にお住まいだという。今は、うちは隣駅の南大沢と言う駅の街に住んでいる。ご近所さん話題で、写真まで一緒に撮って盛り上がり、夏にまた来ますと再会のお約束。旅は、出会いの機会。これも旅の楽しみの一つ。

人と人がつながって行くと、笑顔がどんどん広がって行く。どんなプロモーションより素敵なつながりが生まれてくる。

今朝の謝名亭の 沖縄朝ごはんはには、蒸しサツマイモと紅芋の一品。食物繊維たっぷりの芋は健康を支える素敵な一品になった。

The following two tabs change content below.
瓜生玲

瓜生玲

ホテル暦35年。 現在むら咲むら料飲部(レストラン泰期・琉球武家屋敷謝名亭・厨房)の支配人を務めています。沖縄の食を文化に高めたいとの情熱燃やしています。

 - 体験王国むら咲むら, 謝名亭 , ,